アコムの返済が遅れると

Posted by impulsionbusiness.com on 8月 17th, 2013 — Posted in アコムの返済が遅れると

最近ではテレビCMなどでおなじみのキャッシングやカードローン。金利が高いなと思っていても、ついつい便利さに負けて借りてしまいますよね。まあ、自分もここ数年は、借りては返し、借りては返しの繰り返しです。しかたがないです。手元に現金が足りないんだから。

ただ、自分でも偉いと思うのは、返済を遅らせて事がないことです。え、キャッシングで借りている以上、その時点でいばれないって?ごもっともですが、まずは返済を続けているあいだは大丈夫です。っていうか、一度でも返済を遅らせると、次はもう貸してくれなくなるでしょう。それが怖いんです。キャッシングはいざというときの、非常手段。最後の切り札です。キャッシング会社が貸してくれなくなったら、誰が貸してくれるっていうんでしょうか。だから、なにがあっても、場合によっては財布の中の小銭をかき集めてでも、返済はしているんです。

ですが、友人はとうとう返せなくなる日が来ました。借入先はアコムです。それまではがんばって仕事をしていたのですが、社内でしなくてもいいケンカをし、意地を張り、ついにはやめることになりました。アコムで金を借りているほどの奴ですから、もちろん貯金なんてありません。あっというまに返済ができなくなりました。
アコムの場合、初めて返済が遅れると、電話がかかってきます。そのときは電話も丁寧で「返済が遅れていますが、どうなさいましたか」というふうです。電話口も女性で、まだまだソフトな感じです。が、ここで返済予定日をはっきり答えないと、とっても面倒なことになります。友達の場合は、返済日が言えなくなった時点で、電話が女性から男性に変わったそうです。しかも口調が非常にきつくなり、あきらかに危ない感じになったとか。さらに次回返済日を指定され「絶対に払ってください」と言われたそうです。

当然この時点でカードは返済のみになっていて、借り入れは停止です。
決められた指定日に返済ができなかったので、そのままブラックリスト入りです。ついでにいうと、アコムは三菱東京UFJグループなので、UFJのクレジットカードも停止になったそうです。情報ってすぐに伝わりますね。やっぱ、こわいな。

アコムは上手に利用する事ではじめて便利なカードローンとなります。まずはアコムの審査について確認してみましょう⇒アコム審査

モビットでキャシング

Posted by impulsionbusiness.com on 4月 27th, 2013 — Posted in モビットでキャシング

先日初めてモビットのキャッシングを利用させてもらいました。

僕は音楽が好きで大学に入ったらぜひバンドに入りたいと思っていました。

大学にある掲示板のバンドメンバーの募集を見てバンドに入ることができました。

しかし、僕は全くの初心者だったので自分の楽器を持っていませんでした。

そこで楽器店にギターを見に行ったのですが自分が欲しいと思っていたギターは自分が想像していたよりずっと値段が高くて手が届きそうになかったのです。

確かに他に安いギターはあったのですがどうしてもそのギターを手に入れたかったのです。
しかし、手持ちのお金では購入代金には届きません。

僕はバイトをしているのですが次の給料日はまだまだ先のことです。

しかし、どうしてもそのギターを今すぐ手に入れたくてモビットでキャッシングを利用してお金を借りることにしました。

学生でしかもバイトの自分がキャッシングしていいのか不安でした。

しかし、ネットの口コミを見ていると自分と同じようなバイトの学生がキャッシングできたという話をよく見かけました。

これなら自分も大丈夫だと思いモビットに審査の申し込みをしました。

審査自体は30分ほどで終了して自分が想像していたよりも簡単にお金を借りることができました。

おかげで欲しかったギターも手に入れることができ、毎日ギターの練習をしています。

プロミスは30日間の無利息融資でとってもお得に借入する事が出来ます。しかしお得に借入が出来る分審査のハードルは高いのでしょうか?決してそんな事はなく、プロミス審査は柔軟という面も評判となっています。

審査方法、例えばプロミス

Posted by impulsionbusiness.com on 4月 27th, 2013 — Posted in 審査方法、例えばプロミス

プロミスでお金を借りる場合、自動審査はあくまで機械によって判断されますが、本審査は、人間の手によって審査が行わるので、時間は、少々掛かります。

申込み情報は、正しいか?本人であるか?返済能力はあるか?など、人間の手によって最終チェックされた後に審査結果が表示されます。

ごくまれに申し込み情報に不備が合った場合など、問題が合った場合、担当者から連絡があると思いますが、誤解されないためにも今の状況を正確に伝えるようにしましょう。

これからお金の貸し借りをプロミスと行うわけですから一番大切なのは、互いの信頼関係です。

自動審査では、若干、嘘の情報を伝えても審査結果で融資可能と表示される事もありますが、それは、機械が判断するためで、本審査では、人間の手によって判断されるので、嘘を付いてしまうと調べればすぐにわかるので、審査の上で大変不利となるので、絶対にやめましょう。

アイフルの審査には、2種類ある

Posted by impulsionbusiness.com on 4月 27th, 2013 — Posted in アイフルの審査には、2種類ある

消費者金融は、以前より審査が早くなった事は、事実ですが、審査には、自動審査と本審査の2種類がある、それぞれ若干内容が異なります。

まず、自動審査についてですが、インターネット上にあるアイフルのホームページを見てみると、自動審査あるいは、簡易診断と呼ばれるコーナーがあると思います。

これは、アイフルのホームページより必要事項を入力して送信する事で審査基準に従い、融資を受ける事が出来るのか?事前に知る事が出来るサービスなのです。

特に初めて消費者金融を利用する人は、お金を借りたいとは思うけど、消費者金融に対して何かしらの不安があり、中々手を出す事が出来ない人も居ます。

そのような人たちのために各社とも事前に申込を行う前に今の状況で審査を通過する事が出来るのか?簡易的に知る事が出来るのです。

この自動審査は、あくまで簡易的であるため融資結果は、数秒でサイト上に掲載されます。もし、融資可能と表示されれば本審査も通過しやすいと思いますが、融資不可能と表示されれば本審査を通過する事は難しいと思われるので、問題点を改善した後に再度、自動審査を行った後に本審査を受ける事が良いと思います。

決められた金利の元、利息が掛かる

Posted by impulsionbusiness.com on 4月 27th, 2013 — Posted in 決められた金利の元、利息が掛かる

消費者金融より借入を行うと、各社で決められた金利と利用日数を計算して利息が掛かります。

この金利は、消費者金融によって異なり、申し込み前に各社のホームページや広告などに何%~何%までと掲載されていますが、実際には、何%適用されるか?わからないので、契約書に同意する前に目を通す事で金利がいくら適用されるのか書いているので、必ず確認するようにしましょう。

ただ、私が思うに初回申し込み時の場合には、ほとんどの方が18%の金利が適用されているようです。

大手消費者金融の金利を見ていると4%~18%となっていて掲載されている値の上限値だと言う事がわかります。

利用する側にとっては、金利が高い事は、利息も高くなると言う事なので有難く無い話ですが、消費者金融の主な収益は、この利息であるため高い金利を設ける程、利息が高いので、収益を上げる事が出来るので、商売として考えた場合、当然と言えば当然の事だと思います。

決められた金利の元、いくら利息が掛かるのか?計算する方法があります。

実際にこれぐらい借りていくら利息が掛かるのか?知っておくことで返済する際に利息が高くて中々元金を返せず返済が終わらないと言った事も無くなるので、必ず計算してから借入する事をおすすめします。

各社のホームページにも掲載されていますが、その計算方法は、借りたお金×金利(年率)÷365日×利用日数となっています。

例えば、金利を18%として20万円を30日間借りた場合の利息は、5917円となり、30日後に一括返済する場合には、元金と利息合わせて205917円を支払う必要があるのです。

つまり、出来る事ならお金を借りる短期間で全額返済する方が利息も低くなるので、支払いが楽になります。

ただ、消費者金融での支払い方法は、一括返済と残高スライドリボルビング方式と呼ばれる毎月決められた返済額から利息分を引いた金額が元金の返済へ割り当てられるものを採用しているので、計画的に返済する事も出来ますし、お金に余裕がある場合には、返済日前でも返済を行う事も出来ます。

銀行のカードローンと消費者金の違い

Posted by impulsionbusiness.com on 4月 4th, 2013 — Posted in 銀行のカードローンと消費者金の違い

住宅ローンや自動車ローンは総量規制の対象外の借入となっていますので、借入があっても計算に入れる必要はありません。

カードローンを申し込むときに、一番やってはいけないのは他社に借入があるときにその借入を隠すことです。金融機関は信用情報機関から情報をもらいますので、調べるとすぐにバレてしまいます。借入がある場合は、必ず申し込みのときに申告をしましょう。

総量規制は法律で定められていて、年収に対して借入の上限額に対して、年収の3分の1までとすると決められています。カードローンやキャッシングで借りられる上限額は年収の3分の1ですから、その額を計算するために年収を確認する必要があります。

金融機関では、年収を確認して、信用情報機関より借入額も調査しますので、借入がある場合は申し込んだカードローンで利用できる額が算出されます。

カードローンやキャッシングを提供している金融機関では、総量規制の対象となる商品の場合は、このように利用限度額が決められます。多くのカードローンやキャッシングのサービスは総量規制の対象ですから、借入のある人には審査に通ることが難しかったり、希望額の借入が難しかったりします。

しかし、銀行のカードローンは除かれます。銀行のカードローンは消費者金融等に比べて金利も低く、利用者にとっては魅力があります。

おまとめローンなどという、複数の会社から借入がある人のためのローンも用意されていますから、銀行のカードローンは借入がある人にも利用できるものです。

ただし、だからと言って消費者金融等と比べて、銀行のカードローンが極端に多く貸してくれるわけではありません。利用限度額は、年収や仕事、勤務先などの内容によって決定されます。もちろん借入がある人は、それ以上の借入をしても返済能力があると信用してもらえなければ、審査に通ることができないでしょう。